人と動物の共通感染症(ズーノーシス)

スポンサーリンク
犬との生活
スポンサーリンク

人と人以外の動物の間で感染する病気のことを『人と動物の共通感染症 (Zoonosis:ズーノーシス)』といいます。

ギリシャ語のzoo(動物)とnosos(病気)に由来したものです。

世界保健機構(WHO)では『脊椎動物と人の間で自然に移行する全ての病気または感染動物等では病気にならない場合もある)』と定義しています。

日本の厚生労働省では人の健康問題という視点に立って『動物由来感染症』という言葉を使っています。

人と動物の共通感染症には、人も動物も重症になるものや、動物では無症状でも人に重症になるなど、病原体によって様々ななものがあります。

近年、人と動物のふれあいの機会が増えたことにより、動物由来の感染症に対する意識が高まっています。

この共通感染症の知識を持つことによって動物の健康はもちろん、自分の健康を守ることができます。

人と動物の共通感染症(ズーノーシス)の伝播

病原体が感染してうつることを伝播といいます。

伝播とは病原体が動物から人間にうつるまでの途中経過を表します。

伝播には大きく2つに分けることができます。

動物から直接人間にうつる直接伝播と、動物と人間の間で何らかの媒介物が存在する間接伝播です。

さらに間接伝播には節足動物が運んで人間にうつすもの、動物の体から出て水や土を介して人間にうつすもの、人間が利用する畜産物等の食品が汚染されている場合の分けることができます。

直接伝播 咬まれる

狂犬病 カプノサイトファーガ カニモルサス感染症 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 パスツレラ症

引っ掻かれる

猫ひっかき病

飲み込む 吸い込む 触れる(排泄物等含む)

トキソプラズマ症 回虫症 エキノコックス症 クリプトコックス症 オウム病 ブルセラ症 皮膚糸状菌症 サルモネラ症

間接伝播 ベクター媒介

ダニ類が媒介

クリミア・コンゴ出血熱 ダニ媒介脳炎 日本紅斑熱 つつが虫病

蚊が媒介

日本脳炎 ウエストナイル熱 デング熱 チクングニア熱

ノミが媒介

ペスト

ハエが媒介

腸管出血性大腸菌感染症

環境媒介 水質汚染 土壌汚染

クリプトポリジウム症 レプトスピラ病 炭疽 破傷風

動物性食品媒介 肉 鶏卵 魚

腸管出血性大腸菌感染症 E型肝炎 カンピロバクター症 変異性クロイツフェルト・ヤコブ病 サルモネラ症 アニサキス症

人と動物の共通感染症(ズーノーシス)の病原体

原因となる病原体には大きいものでは数センチ(時には数メートル)もある寄生虫から電子顕微鏡を用いなければ見ることができないウイルスまで、様々な病原体あります。

最近では微生物の概念とは異なるプリオンという異常タンパク質までもが人と動物の共通感染症の原因となることが分かっています。

ウイルス

狂犬病 日本脳炎 ウエストナイル熱 デング熱 チクングニヤ熱 ダニ媒介脳炎 E型肝炎

リケッチア コクシエラ クラミジア

Q熱 オウム病 日本紅斑熱 つつが虫病

細菌

ペスト サルモネラ症 レプトスピラ症 猫ひっかき病 ブルセラ症 カプノサイトファーガ・カニモルさ感染症 コリネばクテリウム・ウルセランス感染症 カンピロバクター症

真菌

皮膚糸状真菌症 クリプトコッカス症

寄生虫

トキソプラズマ症 回虫症 エキノコックス症 クリプトスポリジウム症 アニサキス症

プリオン

変異性クロイツフェルト・ヤコブ病

上記に記載した病原体について

① ウイルス 細菌の10分の1から1000分の1の大きさで、人間やで動物の細胞の中に入り込んで増殖します。

今後も新型ウイルスが発見されて数が増えることが予想されています。

② リケッチア 細菌より小さくウイルスより大きい微生物で、生きた細胞の中でしか増えません。

③ 細菌 寄生虫の次に種類が多く1000分の1ミリ程度の大きさです。

栄養さえあれば自分でどんどん増えますが、抗生物質が効きます。

④ 真菌(カビ) 種類は多くありませんが、発生しやすいため注意が必要です。

特に免疫力が弱い高齢者や子供に感染すると危険です。

⑤ 寄生虫 多くの種類があり、犬の糞便に混ざって出てくる目に見えるものから臓器に潜んでいるもの、顕微鏡で見ないと見えない物まで様々です。

⑥ プリオン タンパク質のひとつで、構造が異常になったものを異常プリオンタンパクといいます。

その異常プリオンタンパクが生体内で正常なプリオンタンパク質を異常に変え、神経細胞を破壊していきます。

動物では羊のスクイレイピー、牛の伝達性海綿状脳症(BSE)が代表的なプリオン病です。

人と動物の共通感染症(ズーノーシス)の主な感染ルート

① 病原体を持っている動物の体に触れることで、病原体が人の体内に侵入して感染する。

② 病原体を持ってる動物に咬まれたり、ひっかかれたりして感染する。

③ 動物が持ってる病原体によって水や食べ物が汚染され、それを飲食することで感染する。

④ 病原体を持ってる動物が咳やくしゃみをして病原体が浮遊し、それらを吸い込んで感染する。

感染を予防するには

日常生活の注意で感染は予防できます。

飼い主自身も感染症から自分の身を守るためには『愛犬は人間とは別の生き物』ということを理解してください。

可愛いのは分かりますが、愛犬との適切な距離を保ちつつ接することが必要です。

感染症は『感染源』『感染経路』『感染集団』の3つが揃って初めて感染します。

愛犬からの感染は『愛犬が何らかの感染症にかかっている』または『問題となる微生物を持っている』『接触や咬傷、経口、経気道などの感染経路がある』『飼い主が感染しやすい状況にある』という条件が必要になるということです。

つまりはこの条件のどれか一つでもなくすことが出来れば、愛犬からの感染を予防できることになります。

決して不可能なことではないんです。

① 犬の予防注射と登録等

飼い主には狂犬病予防法で飼い犬の登録と狂犬病予防注射、鑑札と注射済票の装着が義務付けられています。

その他のも混合ワクチンの接種をしましょう。

② 動物に触ったら必ず手を洗いましょう。

知らないうちに動物の唾液や粘液に触れたり、傷口等に触ったりしてしまうこともあるので、動物にさわったら必ず手を洗いましょう。

③ 過剰な触れあいは控えましょう。

細菌やウイルス等が動物の口や爪の中にいる場合があります。

口移しでエサを与えたりスプーンや箸の共用は止めましょう。

動物と一緒に寝ることも濃厚接触することになりますので止めましょう。

④ 動物の身の回りは清潔にしましょう。

飼っている動物はブラッシング、爪切り等をこまめに手入れして清潔にしておきましょう。

水の入れ物やエサの入れ物も毎回洗って清潔にしましょう。

⑤ 糞尿は速やかに処理しましょう。

糞が乾燥すると空気中を漂って吸い込みやすくなります、糞尿に触れたり吸い込んだりしないように気を付け早く処理しましょう。

まとめ

人間の世界でも、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている時代、そこにまた変異株などと。

ウイルス等は、まだまだ人知を超えたものなんだと思います。

分からないことの方が多いということです。

そこで、定期的なワクチンの接種や予防薬の投与、普段からの掃除に消毒。

まずは病気にかからないように予防の徹底をすることが個々にできることと思います。

良い愛犬ライフを🙂

コメント

タイトルとURLをコピーしました